データ復旧サービス利用の流れ|重要な情報資産管理

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不具合発生のリスク管理

婦人

資料作成や数値入力など様々な業務で活用できるパソコンですが、消耗品の電子機器となっているため長期間利用し続けていると不具合を発生させる可能性を持っています。リスク管理も含めてデータ復旧を依頼できる業者を調べておくのも大切です。

もっと見る

迅速な対応と高い信頼性

従業員

法人向けのデータ復旧サービスではスピード性と復旧率が重要となってきます。なぜならビジネスの世界では1つの仕事でストップしてしまうことで、連鎖する業務が全て実施できなくなる可能性があるからです。

もっと見る

メーカーが提供する修理

オフィス

ハードディスクの製造とデータ復旧対応は別の業者が請け負うパターンが多いですが、この2つを一貫して対応しているメーカーも存在するのです。信頼性の高いメーカーなので法人の依頼をする場合も頼りになります。

もっと見る

企業内部での重要な周知

周辺機器

企業を経営するための要素として古くから考えられていたのはヒト、モノ、カネでした。近年はこの3つに加えて情報という要素が増えたのです。正しい情報を正確に入手し業務に活用する企業がビジネスの世界でも大きな利益を上げることができるでしょう。情報という資産を管理する際はパソコンを使うのが効果的です。パソコンは1度に大量の情報をやり取りすることができ、コストパフォーマンスにも優れていることから多くの企業で利用されています。ですが、消耗品の電子機器となっているので不具合発生時の事態を考慮してデータ復旧サービス利用の流れも企業内部で周知しておきましょう。そうすれば不足の事態にも慌てることなく対処することができるのです。
データ復旧サービスを利用する際はまず、フリーダイヤルかwebサイト上から依頼を申し込んでいきます。緊急性の高い依頼の場合は、電話を活用するようにしましょう。不具合の内容をヒアリングした後は復旧サービスを提供する業者の工場内部で初期調査を実施していきます。調査が完了した後は復旧できるデータを一覧で依頼元に提示するので、その資料を見てから復旧の正式依頼となるのです。初期調査までは無料の対応となっているので簡単に諦めたりせずにまずは依頼してみると良いでしょう。クライアントから正式な依頼があればデータ復旧作業が始まっていき、この時点でサービスに必要な料金を支払うこととなります。復旧作業が完了したあとは入念なセキュリティチェック後にクライアントへとデータ提供されるのです。