メーカーが提供する修理|データ復旧サービス利用の流れ|重要な情報資産管理

データ復旧サービス利用の流れ|重要な情報資産管理

PC
このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカーが提供する修理

オフィス

業務でパソコンを長期間使用していると急に電源が落ちてしまったり、電源が入らなくなってしまったりすることがあります。そのような場合は外部のデータ復旧サービスや製造メーカー修理を利用するのが一般的となっているでしょう。ですが復旧サービスではデータの保護を最優先としているため、結果的にハードディスク自体が破損したままの状態になってしまうことがあるのです。逆に製造メーカー修理ではハードディスク自体を交換という形式で対応するのでデータは復旧できないと考えておいた方が良いです。データ復旧とハードディスク本体の復元を同時に実現したいと考える企業は、製品の製造と修理を請け負っているメーカーを活用するのが効果的です。
26年以上の長い歴史を持つメーカーでは製造のノウハウを活かしデータの復旧と製品本体の復元を同時に実現させたのです。データだけでなく製品本体を復元できれば新しいハードディスクを購入するコストを抑えられるので、企業の負担も軽減することが可能です。このメーカーでは自社製品の修理だけでなく、他社で製造したハードディスクの復旧と修理が可能となっているのが大きな特徴だといえます。充実したデータ復元サービスを提供している業者のwebサイト上では数々の事例が掲載されており、自社のケースと似ている事例を参照することができます。事例紹介のコンテンツでは対象となった製品のメーカーや型番、復旧に掛かったスケジュールなども明記されているのでこちらも参考となるのです。